経営をしていくうえでの考え方 ~令和の時代を迎えて~

みなさんこんにちは!

(株)さくら印刷のタカマサです。

皆さんは自分が働いている理由や生きている意味、自分の存在価値などなど考えてあことはありますでしょうか?

私はニート時代によく考えさせられたのを思い出します。(笑)

今日は私がどんな考え方で生きていて働いているのかを書いてみたいと思います。

 

※先日の記事と被る部分がありますが、ご了承ください!

 

そもそも会社をやっている意味や目的ってなんなの?

私は何のために経営をしているのか?働いているのか?ということを明確にする必要があると思っております。あとは経営していくうえで何をもって成功とするのかその定義を持っていないといつまでたっても幸せにはなれないと考えています。これは私の尊敬する方から聞いたお話です。

そこで、上の左側の成功は功績の功が付くので社会的な評価が付く成功になります。例えば売上がいくらで、従業員が何人いて上場しているのかなとか、となると思うのですがそもそも経営者は何が目的で会社を経営しているのかを立ち返って考える必要があるなと思います。

例えば売り上げは10億円だけど全然自由な時間がないビジネスをのぞんでないのであればそれは絶対に組み立てるビジネスではないですよね。なのでどんな時間とかお金をそもそも望んでいてそしてどんなことをやりたいのか逆にやりたくないのかをきちんと決める。または何を提供することが自分にとってまたは会社にとってやりがいとなるのか。何かの代理店をやって仲介手数料をもらうビジネスを本当にやりたかったのかどうか?

あとは健康ですね。この辺のバランスを見て自分や自社のサイズ感に合わせて事業を構築していくことが大切になります。

じゃあどうしていくのかってことなんですが私の頭の中ではこういったイメージになります。

人生と事業と経営というのがイコールの状態。

ではこれは何かっていいますと

 

人生と事業と経営というのがイコールの状態

人生っていうのは人それぞれ定義があるとは思いますが、どう生きてどう死ぬかだと思うんです。

経営っていうのは、昔の古典を紐解いていくと営みと経という字に分けられるんですが行動に道筋をつけるということが経営だと。

多くの場合事業ベースでしか考えていないと思います。

簡単に言うと『人生』こうしたいですというのがあって『経営』そのために行動の道筋を作りそれを達成するために事業があるという立て付けなんですよね。

ここをイコールにしていこうとすると下の図のようなイメージになります。

人生観があって『ライフコンセプト』経営『カンパニーコンセプト』があって事業があってそれを達成するために何の商品が必要?ってなるわけですね。

これは必ずこういった構図になります。自分自身であれば何をしたくて何を達成したいのかどういうことを得たのかというのを決めたら一本筋が通っていきます。それを達成するために理念とかそういったものがあって、それを達成するためにどんな事業をやっていくのかっていう風に事業の領域が決まっていきます。

これなぜ重要かって話なんですが、

例えばある飲食店が飲食業やってますとしますよね。

まあ一応理念とかで「食を通じて。。。」みたいなのがあったとしても飲食業ですと固定されていたら今時代のスピードも速いですし、もう日本においては人は減っていくことはほぼ確定している状態でそれだけやっていたら胃袋がちっちゃくなっていく話なんで経営厳しくなっていきますよねどうかんがえても。そう考えたときに一本の事業に頼り切っていたらきつくなってしまうので横展開していく必要があります。

なので基本的に多角化と言われますけど、やみくもに多角化をする必要はないのですが自分のコアの事業をベースにその同線上に横展開していくとあんまり新規のビジネスを作るというよりはコアの事業のリソースやベースをつかって仕事ができるので立ち上がりが早くなります。

全く関係ないビジネスを始めるとひとつひとつの事業が個々で売上を獲得していくというイメージになるので1+1=2になってしまいます。そうではなくて3にも4にもしていける事業展開をさくら印刷では心がけております。

まだまだ印刷事業がメインではありますが、そこからどんどん派生させて収益というのを複線化していくことがこの人生と経営と事業がイコールになるとできる状態になっていくと思います。そうすると今の時代こっちがきついからこっちを伸ばそう見たいなことができるようになると思います。または、こっちでかかわっていた人脈がこっちのビジネスでも関われてくるとかができるようになります。

なのでこの人生と経営と事業がイコールするというのはとても重要だと思います。

うちも印刷物が減って大変だ大変だってなっていてでもやはり多くの場合は事業の話にしかならないんです。どうすれば印刷物が増えるかとかってなっちゃうわけですよね。

そうではなくてそもそもうちの会社は印刷をするために会社をやっているじゃなくてお客様の願をカタチにすることだよねって話なので仕事の幅が広がるし発想も固執しなくなります。

 

 

 

さくら印刷の取り組み

ここで上記の考え方を踏まえて弊社の取り組みを紹介させてもらえればと思いますが、印刷会社という素晴らしい資源を生かして相乗効果がうまれ、かつお客様に喜ばれそして地域活性化につながる事業展開をしていきたいなと考えております。

さくら印刷では理念を「ねがい。納めて喜び納めて喜ばれる会社」としています。

これは、別にお客様の願い、要するに課題や要望を解決する策を提供して自社が喜んでお客様もハッピーであればサービスは別に何でもいいわけです。また弊社は地元に根差しってやってきているのもありますし印刷会社は幅広いお客さんがいますから地域活性化の一役を担っていくことを目指しております。

今、やっていることでいえば今までの印刷物から派生して新たに入浴施設や飲食店を紹介しクーポンを付けた雑誌や地元高校生へ地元の企業を紹介する就職応援本COURSEなどの地域活性化につながる出版物や、紙だけでは伝えきれない情報をウェブサイト制作や動画制作を通して行ったりとプラスアルファ事業を拡大していったおります。これはやみくもにやっているわけではなくてすべてがつながると思ってやっています。

単に印刷物ありませんか?という営業やウェブサイト作りませんか?で営業するのってめちゃめちゃ難しいと思っていて、それを現在お客様に人手不足という課題と地元の若者がどんどん外に出ているという課題の中から地元高校生へ地元の企業を紹介する就職応援本COURSEという新たな武器を使って新規顧客を作りをしてそこからの派生で会社案内を作るだとか、採用パンフレットを作るとか採用サイト制作を受注したりと繋がっていっています。

なので無理に売り込んでいくというよりは自然に広がっていく感覚を感じております。

また、弊社WEBの事業の方を本格的にはじめております。そこで自社内でWEB制作をはじめて感じたのは、WEBの特性を活かし、地方でも仕事ができたり、地方でもある程度クオリティーの高い作品を制作してWEBのちからで地方はまだまだ元気にできると感じました。実際にウェブサイトの力で弊社の採用活動や受注活動もうまくいっています。しかしながらウェブの仕事が増えてくる中でウェブデザイナーを募集して業務を拡大しようにもなかなか人事がいません。都内でもIT人材は取り合いをしている状況なので、これは募集しているだけでなく自ら人材を育てる施策が必要なのではないかと思ったわけですね。

しかし、人材育成は、なかなか地方の一企業が抱えきれる課題ではないです。そんな中業界最大手のIT人材を育成する学校であるデジタルハリウッド(株)さまとご縁ができて千葉市にてウェブデザイナーやITスキルを身に着けることができるデジタルハリウッドSTUDIO千葉を先月開校させました。

 

ITやクリエイティブの人材育成による発展がテーマにはなっていますがデジタルハリウッドのブランドの力を使って、周りからのさくら印刷に対する視線を変えることもできるかと思います。「さくら印刷が何だか面白いことをやっているらしい」と話題になることも目的です。自社のイメージアップに対して、ものすごく大きな影響があるとも確信してます。

短期的に判断できるものではなく、ある程度のスパンで見ていかないと見えてこない事業だとは思います。

地域のため、社会のためにはもちろんですが、STUDIOそのものを盛り上げていきそ千葉発の素敵なWEB作品やプロジェクトが生まれることを期待しています。

また、ここで育った人材を自社で雇用したりIT人材を必要としている会社様に紹介をしたりしてIT人材育成により業界の発展と地域活性化の一役を担っていきたいと考えております。

もちろん競合他社にも人材を送っていくことになると思いますがそんなことは一切気にしておりません。

これからの時代は「競争」ではなく共に創る「共創」という考え方が非常に大切だと勧化ています。

 

まとめ

最近、ご縁がありまして片山さつき大臣とお会いして地方創生に関するお話を聞かせていただきました。

SDGsという言葉を最近よく耳にしますけど

これからはソーシャルな仕事が伸びていくと思っていますし若者もそういった社会貢献をしている会社に就職したいと思い始めているようです。

単に給料が高いとかそういった金銭的な報酬よりもやりがいなどの意味報酬に重きを置いている人が増えています。

ですから、昔のように「業界シェアNO1をとる」とか言っても若者には響かないと感じております。

 

黒字でも後継者がいなくて倒産する会社も多いようですので

今後もビジョンをしっかり持って社員がワクワクして働ける会社を作ることが必要かなと考えています。

 

まずは、理念浸透と評価制度を構築していきます。