昨年度の振り返りと今年度どうして行くか少し考えてみた。

こんにちは、タカマサです。

本日新元号が発表されましたね。

 

「令和」

 

ふむふむ

なかなか良いですね。

 

昭和
平成
令和

 

昭和+平成=平和
平成+令和=平和

 

3世代みんなで平和な日本を作りましょう!

 

本日2019/4/1で、さくら印刷は59期目に入りましたー。創業で言うとなんと70周年です。いやー長いですね。企業の生存率は10年でも数パーセントという中でここまで続けられているのは本当にありがたいコトです。続けるという事が1番大切です。

 

昨年を振り返って、そして今年はどんな感じでいこうと思っているかを書いていきます。

 

昨年やったことー

昨年は新たな挑戦をたくさんした年でした。また、たくさんの新しい人材が入りそれと同時にやめた人も多かった年でした。

会社に来て4年になりますが毎年新たなチャレンジをしていますが、昨年度は特に色々と動いたとしになりとても大変でした。

たくさんの問題もありその度に自分の力のなさに嘆いてました。

もっと力をつけて社員が楽しく働けて売上も伸ばしていきたいと思うこのごろです。

昨年、取り組んだコトとしては以下になります。

 

・新しい人材の獲得

・WEB・動画事業の本格稼働

・採用商品企画・販売

・社員満足度調査

・マーチング委員会

・コース就職応援本2号発行

・デジタルはリウッド開校準備

・社内システムの入れ替え

・社員教育

 

昨年も色々とはじめましたがどれもまだまだといった状況ではあります。がこれからどんどん伸びていくと確信しております。

まだまださくら印刷は伸びしろがハンパじゃないくらいありますし、濡れ雑巾のように絞れる所があります。

がんばります。

 

昨年ガンバってきたことー(具体)

昨年1年間いや半年で7名の採用を行いました。
これは今まで長年やってきていますがこの人数はないのではないでしょうか。

 

またそれと同時に逆にやめた人数も多い年になります。
それは、もちろん年齢的な事もあれば合わないという事でやめるかたもいました。
私の至らないコトが多く皆様への配慮が回らない部分もあったというのも事実です。
いずれにせよ変革期には良くある事だと前向きにとらえ今後そういった事のないようにすることが私のできる罪滅ぼしです。

indeed

 

昨年の年度始めに建てた目標でウェブ事業と動画事業の立ち上げというのがありました。

まずは、自分が知識を付ける必要があると思いデジタルハリウッド新宿に通いました。が

中間課題あたりで仕事との両立ができずに挫折しました。

そこで、ウェブ人材の獲得に乗り出します。indeedを使った採用マーケティングを行い、
素晴らしい方がたくさん入社してくれました。
そこからとんとん拍子でウェブの仕事が入るようになり少しずつではありますが伸びております。
また、indeedからの自社の採用実績ができ地方のイチ中小企業でも見せ方や導線をうまく作れば採用ができる事を確証しました。

その実績をもとに昨年より中小企業の皆様の採用活動のお手伝いをさせて頂いております。
こちらも順調です。

上記の話から派生になりますが、私はデジタルハリウッドを中退しております。その理由に学校が遠かったというのがあります。もう1つが私のやる気の問題ももちろんあるのですがサポートが全然なかったというのもあります。
私のようにウェブを学びたいけど千葉で本格的に学べる所がない。そうやってあきらめてる人がきっとたくさんいる。そう思った。

 

デジハリ業務提携

それからウェブ人材を採用しようと思った時に中々集まらない。
東京でも集まらないのにど田舎の茂原で採用するのは本当に難しい。
だったら自社で育成してこよう使用と。
またさくら印刷のウェブチームではITの力での地域振興を掲げている。もっとITリテラシーの高い人材を千葉県に排出し千葉県をシリコンバレーのようにしたい。
といろいろな事象が重なりデジタルハリウッドとの業務提携を今年3月に結び7月開講に向けて今ばたばたやっています。
これを後押しするきっかけになったのが昨年入社した社員さんの影響も大きい。
本当に奇跡が重なっている。すてきです。
たくさんの広がりがありとてもいい仕事になると思っております。

 

社員満足度調査

 

昨年のもう1つの目標が社員の働く環境を良くするというのがありました。
これに関してはさきほど申し上げた通りやめられた方や不満もたくさんでているので本当に後悔、反省をしている。
そこで昨年行ったのが社員満足度調査(サーベイ)経営者の立場からすれば絶対にやりたくない物ですが社長になんとか了承を得て実施。
いろいろと問題点が浮き彫りとなり目をつぶりたくもなりましたが、結果的にどこを改善するべきかが明文化されたのでとても良かった。
引き続き上がった問題に対してアクションを継続的にして4ヶ月に1回調査を行い経過を見ていきたいと思っている。
社員が納得した働く環境を作っていきたい。

 

これに付随して社内システムの導入を昨年行いました。
実は1年ほど立ちますがまだしっかりと稼働しておりません。
旧態依然のやり方から中々脱することができずにずるずる来てしまいました。が
今年度からすべて移行し動かしております。
覚悟を決めてやっていきます。
社内のIT化も進め中でも利益の上がる体質を作っていく。

 

社員教育

社員教育に関しては昨年、印刷課係長と工場長のお二人に工場マネージャー養成講座に一年間通って頂きました。
大きな印刷会社さまが参加されている中で、弊社の取り組みがとても素晴らしいと発表の機会を2度も頂き恐れながら
皆様の前で事例を発表させて頂きました。
さらに最終的には印刷業界紙JAGAT INFOに掲載したいと先日取材に来てくださりました。
4月号に掲載予定です。

言うまでもなくこの講座を受けて2人は成長しました。
企業は人なりと言いますが、会社というのは結局人の集合体であって個々のレベルが上がらなければ会社の成長もありえません。

これからはより一層社員が成長できる仕組みを整えていきたい。この部分にはお金を投資していくベキだと私は考えている。これは採用にも関わる所だと思います。
たくさんのコンテンツがあふれているこの時代でやはり強みになるの人なのです。
はい。頑張ります。

 

もばらマーチング委員会

あとひとつマーチング委員会という事業を立ち上げましたがこちらはまだ種をまいた程度でまだ芽は出ていません。
茂原の魅力をイラストで発信し、人を集めます。今年度収益化を目指します。

 

たくさんやる事がありますが
最初は小さく、もがきながらでも一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。

 

感謝を忘れず日々精進

少しずつですが順調にいっていることもあります。

会社が大忙しの中でうまくまわっているのはみんなさまのおかげです。感謝しています。

感謝の反対語は当たり前です。

有り難い→ある事が難しい

最近、自分のおかれている状況を当たり前と思ってしまっていたように思います。

昔、フィリピンに1ヶ月留学したときに貧しいところにたくさんいきました。

シャワーはちょぼちょぼしか出ず、1ヶ月間シャンプーをしなかったのを思い出します。笑

日本では水道の水が普通に飲む事ができますがフィリピンではそれはできません。

世界には貧しい国がたくさんあって日本に五体満足で生まれたということが幸せであり既に感謝するべきことです。が

それを忘れている。

日々感謝を忘れずにいたい。仕事がある事がありがたいし、ご飯食べれる事がありがたい。もっと言えば朝普通に起きれる事がありがたい。普段当たり前にやっている事が実はとてもありがたいことだと思って生きていきたいです。

「ありがとう」と言う言葉がもつ力は非常に強いと思いますので毎日ありがとうを忘れずにいたいです。

 

まとめ

というわけで、さくっと振り返りと今期の方向性について書いてみました。

また。来年自分が納得できる仕事をしてこの場で楽しく報告できるよう頑張りたいと思います。

 

人材募集中です

さくら印刷ではいつでもチームメイトを募集中です。

一緒にいろんな事業を前に進めていきたい方はぜひ以下のページからご応募いただけると嬉しいです。

採用情報


https://recruit.sakura-insatsu.co.jp/

以上、タカマサでした!